青色申告で優遇されること

ビジネス07所得税の確定申告の季節です。

クレジットカードおすすめガイド

 サラリーマンは、会社で年末調整をしてもらうことで税金の計算は完結しますが、事業や不動産貸し付けの収入がある人は、確定申告をしなければなりません。
事業所得や不動産所得がある人は、税務署に申請を出すことで青色申告をすることができます。

 ”青色”になるメリットはいくつかありますが、直接なものとしては、特別控除があります。収入から経費を差し引いた後に、特典として65万円(すべての条件を満たさない場合は10万円になることもあります)を引くことができます。
このほかにも、特別償却といって、減価償却費の計上を先取りすることができる節税の制度も”青色”が条件になっていることが少なくありません。

ビジネス08 このように、所得計算上の特典のほかにも、影響の大きなものに損失の繰越控除があります。
事業をしていると、常に黒字とはいかないこともあります。黒字が出たら税金を払い、赤字の時は税金は必要ありません。しかし”青色”になっていないと、赤字の税金は0になっておわりです。
損失の繰り越し控除とは、赤字を3年間繰り越して、その期間に出た黒字から差し引くことができる制度です。

 ”青色”が承認される条件は、帳簿記録の義務と、毎年の確定申告ですが、事業をしている限り、青でなくなくてもその義務は変わりません。それならば青色の承認を受けておいた方が断然有利です。