青色申告の特典

青色申告は、確定申告をするときに事業所得や不動産所得などがある場合に添付する決算書です。通常、何も届出をしなければ白色申告になり、税金控除を得ることができませんが、青色申告の承認申請をしておくと、複式簿記の場合には毎年65万円、単式簿記の場合であっても毎年10万円の所得控除を受けることができるという特典があります。単式簿記の青色申告の場合、白色申告と記載内容はほとんど同じで、帳簿の保管義務が追加される程度のことですので、簿記が良く分からないという人でも最低10万円は簡単に控除を受けられるということになります。また、青色申告をすると事業にかかった費用を経費として計上できますし、きちんとした帳簿を残しておくことができますので、自分の事業の経営状況についても分析しやすくなります。なお、例えば複数の事業をしていたり、事業と不動産の賃貸を同時にしている場合などは、青色と申告を混在させることはできず、青色申告をしている人は全て青色申告の決算書を提出しなければなりません。ただし、控除額は一人当たり最高65万円までとなっていますので、複式簿記の青色申告決算書を複数提出するような人であっても、控除額は同じということになります。

コメントは受け付けていません。