青色申告承認申請書の書き方

個人事業を開業して、これから経理を始めるというときに、大きく分けて決算書の作成方法は二通りあります。ひとつは比較的簡単な内容の決算書で、税金控除ない白色申告、もうひとつは複式簿記をしなければなりませんが、税金控除が10~65万円になる青色申告です。特に何も手続きをしない場合には白色申告の扱いになりますが、青色申告書による確定申告をしようとする年の3月15日まで、もしくは、その年の1月16日以後新たに事業を開始した場合には、その事業開始等の日から2ヶ月以内に青色申告承認申請書を提出すると、その年度から青色申告が可能になります。事業を開始して開業届けをするときに合わせて出しておくと新年度から青色申告の控除を受けることができますが、途中で白色から青色に切り替えることも可能です。当該事業所についての情報や、これまでの青色申告の経歴、今後保管する予定の帳簿、簿記の方式などを記載するだけですので、書き方はそれほど難しくありません。必要な帳簿に関しては簿記の方式や事業内容によっても異なりますので、この部分は分からなければ空白にしておいて、税務署に書類を持ち込んだときに口頭で質問してみても良いでしょう。

コメントは受け付けていません。