青色申告特別控除が受けられる

年の初めの3月までの期間は確定申告の手続きに追われてサラリーマンも自営業の方々も申告を行なっていると思います。税務申告を行なう際に申告書の種類といたしまして、白色申告と青色申告というのがあります。白色申告は帳簿などはつけなくて良く領収書の添付で申告していき経費などの計上を行なう簡素化の申告です。では青色申告と言うのは白色と似て非なるものでして、白色と同じく経費を計上していくところまでは一緒ですが簡単な帳簿をつけたりすることの義務が課せられます。しかしその簡易帳簿の記帳をすることで青色申告特別控除が受けられる特典があります。その特別控除と言うのは不動産や農業や事業所得などの売り上げ分から10万円だけ特別に控除を受ける事が出来ます。もし所得が事業規模の場合でしたら65万円の控除が受ける事が出来、その時は複式簿記の記載と提出が課せられます。ですが、まず青色申告をする際は、必ず青色申告事業届けを提出していなければいけません。もちろんその書類を提出していれば青色事業者として認められて申告と控除を受ける事が出来ます。しっかりと申告をして経費の計上などもしていけば納税の義務を果たす事が出来るでしょう。

コメントは受け付けていません。